名監督黒澤明。今や「世界のクロサワ」と称され、彼を知らない映画関係者、映画ファンはいないと言っても過言ではありません。

名だたる多くの有名映画監督からも敬意を表され、黒澤監督が用いた撮影技法や演出のアイデアは現在においても深く共感、評価されています。

長年世界で愛され、多くの賞賛を得て、さらに心酔する映画監督たちから数々のオマージュ作品が作られるその理由はどこにあるのでしょう。

そしてその反面、黒澤作品は、社会的問題をモチーフにしたものや時代劇、モノクローム映画が醸す堅苦しさや男臭さのイメージから敷居が高いとも思われがちです。

また、日本では時代と共に黒澤監督の存在を知る人が少なくなっている、と聞かれます。

しかし、スティーブン・スピルバーグさん、ウディ・アレンさん、ジョージ・ルーカスさんなど優秀作品を生み続ける監督達が創作構想の際に参考、模倣を試みるほど黒澤作品は現代的手法や斬新なアイデアが詰まっているのです。

今回は映画界において大きな影響をもたらし、今観ても感銘高い代表的時代劇6作品を厳選してご紹介します。

「椿三十郎 」(1962)

 

椿三十郎のあらすじ

藩内の汚職事件の事実を知った若侍たちは、その悪事を告発をするべく密議の最中、1人の流れ者の浪人に出会います。

彼らの話を聞いていたその浪人から、彼らが信用している大目付こそが怪しく、軽んじている城代こそが信用に値する、と察します。

まもなく、浪人は大目付の配下に囚われそうになった若侍たちを救います。若侍たちは「椿三十郎」と名乗る浪人と共に命を狙われる城代を救うべく立ち上がります。

 

椿三十郎の見どころ

流れ浪人という風貌とプロの殺陣師を唸らせるほどの三船敏郎さんの剣術は「椿三十郎」という人物のヒーロー性をより強調させています。

眼光鋭い敵役室戸を演じる仲代達矢さんや若侍の加山雄三さん、田中邦衛さんなど適役揃いのキャスティングは見ものです。

椿三十郎と室戸の鮮烈な対決シーンは、その後の時代劇作品に多大な影響を与えたと言われています。勧善懲悪の痛快アクション劇なので「黒澤映画最初の一本」としてもオススメの作品です。

 

「用心棒」(1961)

 

用心棒のあらすじ

舞台は桑畑に囲まれた宿場町。

そこへ1人の浪人がやってきます。

宿場町では、賭場の元締め清兵衛とその部下、跡目相続に不服を持つ丑寅一家の抗争のさなか。町の内情を聞き知った浪人は、丑寅一家の子分を斬り倒して腕前を見せつけ、清兵衛一家の用心棒に自らを売り込みます。

 

用心棒の見どころ

エンターテイメントの世界において「サムライ」を広めたきっかけとされる本映画。

のちにクリント・イーストウッドを主演に「荒野の用心棒」(1964)が作られましたが、この「用心棒」のリメイク作品としても有名です。

監督本人が「この映画は殺陣ではなく、浪人桑畑三十郎の特異なキャラクター設定にある」と述べる通り、確かにこの姿は鮮明に人々に映りました。海外の子供達はこの特異な浪人の風貌を真似た、という逸話も残っています。

ただのチャンバラにとどまらず、斬新さを感じさせる印象的なシーンやテーマ曲も魅力の作品です。

 

「七人の侍」(1954)

 

七人の侍のあらすじ

戦国時代、落ちぶれた野良武士らは、収穫時期の農村を襲っては食糧を奪っていく「野伏り(のぶせり)」として恐れられていました。

また訪れる収穫期を前に村人達は「白米を腹いっぱい食べさせる」という報酬を約束に野伏り達を討つ腕の立つ侍を探します。

そこへ、偶然村人達の前にある事件を解決した勘兵衛が現れます。村人の窮状を知る勘兵衛はこの依頼を引き受けるも「この解決には侍は7人必要だ」と言いますが…

 

七人の侍の見どころ

日本をはじめ、イタリア、フランス、アメリカでも公開された「七人の侍」は、1954年にはヴェネツィア国際映画祭では銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞しました。

ぬかるみを鮮明に表すために墨を加えたり家屋を実際に燃やすなど臨場感を重要視した演出は、ダイナミックな合戦シーンを生み出しました。

黒澤監督の追求した迫力ある映像によって「七人の侍」は、映画史上に残る作品の1つとして語られることとなりました。

 

「隠し砦の三悪人」(1958)

 

隠し砦の三悪人のあらすじ

戦国時代、褒賞を夢見て戦に参加した太平と又七でしたが、戦は負け捕虜となります。

なんとか逃げ果せ、ある谷の隠し砦で戦に負けた秋月家の2人の生き残りを守る屈強な男真壁六郎太に出会います。

隠し砦にいてはいつか捕われてしまう彼らは、秋月家の復興のため同盟国の早川領まで逃げ延びるために旅をすることとなりますが…

 

隠し砦の三悪人の見どころ

ジョージ・ルーカス監督「スターウォーズ」シリーズに登場するコミカルなロボットC3POとR2D2は、本作品の農民太平と又七がモデルだと言われています。

戦国時代の戦乱の緊張感を、太平と又七のユーモア溢れるやりとりが場を和らげています。

疾駆する裸馬の上で繰り広げる殺陣のシーン、まさに三船敏郎さん演じる六郎太のさばきの素晴らしさを目の当たりにする場面です。

映像編集、着色にCGが当たり前の昨今だからこそ必見、体当たりの迫真の名場面に出会える映画の1つです。

 

「蜘蛛巣城」(1957)

 

蜘蛛巣城のあらすじ

北の館(きたのたち)の主の謀反を鎮圧した武将鷲津武時と三木義明は、君主の都築国春に呼ばれ、蜘蛛巣城に向かう途中、蜘蛛手の森で奇妙な老婆と出会います。

老婆は、「武時は北の館の城主となり、のち蜘蛛巣城の城主となる。義明は一の砦の大将となり、その子供は蜘蛛巣城の城主となる。」と予言します。

2人は一笑に付しますが、君主からの褒賞はまさに予言通りでした。そして…

 

蜘蛛巣城の見どころ

シェークスピアの戯曲「マクベス」をベースにしたストーリーに、運命に翻弄される武将たちを描く異色の時代劇です。ウディ・アレン監督も本作品を高く評しています。

食うか食われるかの戦国の時代の武将の狂気を三船敏郎さんが見事に演じています。

迫真のシーンを撮るべく黒澤監督は時に無茶な演出を求めることで有名ですが、本作品では顔ギリギリに矢を打ち込む演出をスタントマンなしで演じた三船敏郎さん。

さすがにこの時は生きた心地がしなかったそうです。

 

赤ひげ

 

赤ひげのあらすじ

幕府の御番医者を目指し長崎で学んだ保本登は、勇んで江戸に帰るも許嫁は別の男性の子を産み、配置されたのは小石川の養生所。

蘭学を3年学んだ登は、奇異で手の負えない患者や養生所の現状に自信とプライドはへし折られヤケになりかけます。

しかし、赤ひげと呼ばれる新出去定という医者と患者たちと共に日々過ごしていくうちに医者の本意や人を思いやる心を取り戻してゆきます。

 

赤ひげの見どころ

人情物語で有名な作家山本周五郎の原作を巧妙なテンポで描いている本作品では、『椿三十郎』で爽やかな武士役が光っていた加山雄三が野心溢れる若い医者を好演しています。

前半は現代人にも通じる精神障害やガン悩みを抱えた人々と向き合う療養所の過酷な日常を、後半では成長した若き医師保本が、心に傷を持った少女の交流と貧困による痛ましい出来事によって、本来の心の優しさを取り戻し、人を羨み恨む気持ちを払拭していく姿に涙を誘います。

男性主人公が光る作品が多い黒澤映画ですが、「赤ひげ」では様々な境遇に生きる女性達のエピソードも見どころの1つです。

 

最後に

今回は、黒澤明監督の時代劇6作品を特筆しました。

まずはきっかけとしてこれらの1つをご覧になれば、展開のスピードやストーリーに沿った巧妙な演出に、今まで感じていた黒澤映画の食わず嫌いだった意識がガラリと変わることでしょう。

今や世界に通じる有数の日本人監督の中でも、「世界を変えた監督」として愛される黒澤明監督。テーマを真剣に描きつつ、人間臭さやユーモアも織り交ぜた作品の数々を是非この機会にお楽しみください。

 

関連記事:黒澤明ランキングはこちら

 

この記事を書いた人

名前:Dot_Tokyo

黒澤明監督の作品の鑑賞暦は軽く30年を超えています。
黒澤作品では、白黒映画時代の時代劇ものが大好物です。
白黒の黒澤作品は、令和の時代に観てもド迫力ですよ!